コンテンツ

アスペルガー症候群

アスペルガー症候群は、まだまだ診断が難しい症候群です。紛らわしい「周辺用語」がたくさんあります。以下の関連がある用語をその定義とともにご紹介します。

●アスペルガー症候群:高機能自閉症のあるお子さんと似ていますが、症状はより少なく、年齢に相応の言語発達における問題はほとんど、あるいはまったくみられません。
●高機能自閉症:自閉症の定義には一致するのですが、正常な認知、学習能力をもっているお子さんをさします。言語の習得に最初は問題があったかもしれませんが、結局、その年齢相応に近いレベルで話すことができるようになります。

以上の「アスペルガー症候群」と「高機能自閉症」を含めて「高機能自閉症スペクトラム障害」と呼びます。
「高機能」とは、正常な知能とかなり優れた言語使用(表出言語)能力をもっていることを意味します。

「自閉症スペクトラム障害」の罹患率は、人口の0.6パーセントにおよび、それらのお子さんたちの3分の2から4分の3は高機能であると考えられます。
「自閉症スペクトラム障害」とは、「公汎性発達障害」(PDDs(pervasive developmental disorders)と同義語として用いられます。この自閉症スペクトラム障害のなかで最もよく見られるのが、「自閉症」です。
さらに、自閉症に良く似た行動が幾つか見られるものの、高機能自閉症の定義にも、アルペルガー症候群の定義にも一致しないお子さんの状態を「特定不能の公汎性発達障害」(PDD-NOS(pervasive developmental disorder not otherwise specified)と呼びます。

<PR>